恋愛で言ってはいけない言葉「別れよう」の怖さ

wakare

あなたの恋愛は長続きしていますか?

最初は彼氏や好きな人に尽くそうとしていても、それが長くなるにつれてすぐに怒ったり泣いたりしていませんか?

ときには「別れよう」という言葉を使っていませんか?そう、この言葉の本当の怖さを知っておきましょう。

覚悟がいる言葉

彼が大好きで仕方なくても、女性であればたまには情緒が不安になることだってありますよね。

そんなときに、泣いたり怒ったりして彼を困らせることもあると思います。

最初は優しかった彼も、いつも泣いたり怒ったりしていては、効果がなくなってくることもあるのではないでしょうか。

そんなときについ言ってしまいがちな「別れよう」という一言。実はこれは、かなり覚悟のいる言葉なのです。

ケンカの延長上

ケンカの延長で「別れよう」という言葉を言ったことがある人もいるのではないでしょうか。そして、この言葉を言った瞬間から彼が優しくなったり、あなたに尽くしてくれるようになったりしませんでしたか?

いわゆる立場が逆転するのです。彼は、あなたと別れたくないという一心で、あなたの言うことを聞くようになるでしょう。

恋愛が長続きしない人

あなたのほうが立場が優位になったことで、おそらくあなたは安心しているに違いありません。恋愛が長続きしない人は、実はこのサイクルの繰り返しなのです。

ここぞというときに、「別れ」をにおわすと、彼の態度も変わります。そのため、言うことを聞かない彼にはたまにおしおき!くらいの感覚で使っているのではないでしょうか?

使用上の注意

実は、「別れ」と言ったほうは関係がリセットされて新たな気持ちで付き合っていけると思っていても、言われた彼のほうはトラウマになります。

そのため、また言われるかもしれないと感じるようになってくるのです。そこから、男性は段々と気持ちが冷め始めていくのです。

最初に別れを言ってみて効果があったからといって、それを頻繁に使っていると、男性から離れていってしまいます。

最後の切り札

「別れよう」という言葉は、好き合っているのであれば言ってはいけない言葉なのです。とても怖い言葉なのです。

一度言って、もし彼が別れを受け入れるのであれば、言ったあとに後悔しますよね。そのため、いくらケンカをしたからといっても、「別れよう」という言葉は好きなうちは絶対に言わないようにしましょう。

頭に血がのぼっているときは、少し一人になって考えてみたり、誰かに相談することで客観的に自分たちをみることができるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者