体調が弱っている特別な彼に送るLINEとメールのパターン

体調を気遣うメール

誰でも体調が弱っているときに気にかけてもらえたら、普段よりも好印象になります。それは男性も同じなのです。そこで、普段とは違うあなたを演出することで、男性の気を引くことができるのです。

LINEなどは最近スタンプも多くありますが、あえて文字を作って送ることで真剣さが伝わることも。さて、どんな風にすれば良いのでしょうか。

心配するメール

やはり何といってもダントツトップは心配メールです。本気の風邪や熱が出ている場合は、返信するのもままならない可能性がありますが、体調が悪いときは返信してもらえる可能性も増えます。

シンプルに、「体調、大丈夫?」、「体調どう?」など、本当にシンプルな内容でも相手は気にしてくれているんだと分かってもらえるので、男性には印象が良いでしょう。男性は、母親のような一面に安心感を覚える傾向があるので、安心してもらうことも大事なのです。

「返事はしなくて良いよ」

相手の体調を気遣うときに送るのがこれ、「返事はしなくて良いからね」という最後の一言で、男性はコロッといく場合があります。

自分に置き換えてみるとそうですが、本気で体調が悪いときは返信する気力もないときがありますよね。男性だってそんなときもあるのです。そのため、最後にこの文を入れることで、上手に気がきく女性という印象になります。

「何か必要なときは遠慮しないでね」

これは、たとえば相手が一人暮らしをしている場合、買い物などに行けないこともあるでしょう。そんなときは、この文章が効果的です。もし、水やフルーツ、薬などを頼まれた場合は買って行っても良いですし、相手の栄養バランスを考えるのであれば、おかゆなどを作ってあげても良いでしょう。

学校や会社で「待ってるよ」

人間、必要とされているときは風邪や体調の悪さも吹っ飛びます。「必要とされてるんだ」と思ってもらうことによって、体調の回復も見込めますよね。

そのため、「戻ってくるの待ってるからね」、「早く良くなってね」など、待っているという印象を相手に与えることで、自然と元気になってもらえます。

もちろん、相手に自分の気持ちを出すのが恥ずかしい場合も、これであれば相手も分かりません。「◯◯がいないと、仕事がはかどらない」という言葉でも良いでしょう。誰かに必要とされることは、男性への最高の褒め言葉になるに違いありません。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者