元カレがストーカーに!?ストーカー男につきまとわれない女になる方法4つ

jyosei

最近、よくニュースなどでストーカー問題を取り上げられていますよね。

人事だと思っているあなたも、実はストーカーの標的になっている可能性もあるのです。見知らぬ人が急にストーカーになるケースもありますが、実は元カレがストーカーになるケースも増えてきているのです。

そんなストーカーの標的にされないためにも、ぜひ事前に防ぐようにしておきましょう。

良い人を演じない

まず、良い人を演じている人や、実際に良い人などは、人から好かれる良いきっかけになるかもしれません。しかし、常に八方美人でいるということは、ストーカーにも気に入られやすい存在ということを知っておきましょう。

たとえば、あまり知らない人に告白される場合も、気軽にOKしたり、もて遊ぶようなことをするのは良くありません。相手からしてみると、チャンスがあると勘違いさせてしまっているのです。

曖昧な態度をするのではなく、興味がないのであればキッパリと断ることも大事なのです。反対にそれが、相手への尊敬にもなりますし、優しさにもなるのです。

音信不通にしない

元カレがストーカーになる原因の一つとして、音信不通があります。彼のことが好きではなくなった時点で、それを相手に伝えることは酷と思っている人もいるでしょう。

その結果、彼からの連絡を無視するのは良くありません。それが原因で彼が心配したり、連絡が過剰になりストーカーになるケースも増えているのです。実際、あなたが彼にされたら嫌ですよね。大事なのは、誠心誠意わかってもらうことなのです。

別れ話が苦手であれば、じっくりと時間をかけて、あなたの気持ちを相手にわかってもらいましょう。

NOをはっきりと言う

NOをはっきりと言うことで、相手も多少なりとも諦めがつく場合があります。ずっと答えを先延ばしにしたり、曖昧な態度を示していることで、相手も諦めがつきませんよね。

そのため、大事なのはきちんと「NO」と言える人になること。これが言えるだけで、大きく違ってきます。

ペラペラと周りに言わない

もし、誰かに告白されたり、彼氏と別れたからといっても、あまりそれを周りに話すのは良くありません。仲の良い人であればかまいませんが、案外、人の噂は広がるものなのです。その結果、相手にも知られてしまい、そこから恨まれることもあるでしょう。

噂は元の話しとは変化するものです。相手の耳に入ったときは、もう遅い!なんてこともあるでしょう。相手を傷つけないためにも、ぜひ慎重に相談する相手を選ぶ必要があるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者