恋愛ってなに?改めて考える恋の難しさと自分の気持ち

恋愛とは

街中をみてみると、カップルだらけで、どうして自分だけ一人ぼっちなんだろう・・・と悩んでいる人はいませんか?

失恋したてで、もう恋愛なんてしたくないと思っている人もいるかもしれませんね。実際、恋愛をしたことがある人は誰しも悩みを抱えています。改めて恋愛について考えるときは、原因があったのです。

好きな人に彼女ができたとき

ずっと長い間片思いをしている人に彼女ができてしまったときの悲しさは、本当に計り知れません。彼女ができてしまうなら、告白しておけば良かったと思ってしまいますよね。

そんなときに負のスパイラルになってしまう人も多いはず。しかし、後悔をしてしまっても、もう遅いのです。そんな場合は、彼女がいると分かっていても自分の気持ちを伝えるか、別れるのを待つのか、諦めるのかのどれかになってしまいます。

自分が納得いくのであれば、どれを選んでも正解です。落ち込まずに、前向きに考えることが必要ですね。

相手の気持ちがわからないとき

悩む理由の原因の中に、相手の気持ちが全く分からない場合があります。しかし、冷静に考えてみるとそんなことが当たり前なのです。分かるほうがむしろ怖いですよね。

そんなときは、悩むのではなくその状況を楽しめば良いのです。恋愛は相手の気持ちが分からないから楽しい、おもしろいし飽きないのです。分からないからこそ、いっぱい話して、たくさん会って、段々と分かり合っていけば良いのです。

失恋してしまったとき

これは辛いですよね。しかし、相手のことを好きにならないほうが良かったと思いますか?意味のなかったことだと感じますか?そう思う人は、成長できませんし、もう恋愛なんてしないほうが良いでしょう。

少しでも、相手と関わることができた、思い出を作れた、勉強させてもらったと考えることができたら、次の恋愛に生かすことができます。大事なのは、物事をどうやってとらえることができるかによるのです。

友達と同じ人を好きになってしまったとき

こういう状況になった人もいるでしょう。こうなった場合、悩んでいるのはもったいない。友達も好きな人も両方失ってしまうかもしれない・・・と悩んでいる人もいるでしょう。

しかし、それでは何も解決しません。一番良い方法は、友達に自分の気持ちを打ち明けること。そうすることで、正々堂々とできますし、両方を失うことはありません。勇気を持って素直になることが大事なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者