女の涙は上手な使い道をしなければならない理由と男性に喜ばれる泣き方

028

よく男性は女の涙に弱いと聞きますよね。しかしそれは、上手に使ってこその涙なのです。

もし、間違った使いかたをしてしまうと、男性にとってその涙は面倒くさいだけの涙になってしまう可能性もあります。今まで涙で失敗した人も、成功した人も、ぜひ参考にしてみてください。

ケンカのときの涙は御法度

女性は、彼とのケンカのときによく泣いてその場を治めようとする人が多いですが、これは彼にとっては逆効果です。ケンカは、生物学的にみて、男性のほうが冷静な場合があります。

女性が怒ってイライラしているときでさえも、男性は見て見ぬフリ。それを見てまた女性は怒ってしまいますよね。ここで女性はわかってもらえない悲しさと悔しさで、涙を出しながら訴える人もいるかもしれません。しかし、男性にとっては冷静に話したいのに、話しが進まないため困りものなのです。

泣くのがクセになっている人は、すぐに治るとは思いませんし、難しいでしょう。しかし、一度頭を冷やすことによって、改善される場合もあるので、一旦離れて考える時間を置いたほうが良いかもしれません。もしこれが続くようであれば、別れへと発展する場合もあります。

泣きかたにはご注意を

泣きかたにも人によっていろいろとありますよね。ただこの泣きかた、注意が必要です。たとえば、大声でワンワンと泣く女性。二人だけであればまだしも、公共の場でそれをされると、男性も困りますよね。

泣いている理由が良いことであっても、男性はどうすれば良いのか分かりません。周りの人に迷惑をかけますし、しっとりと泣く練習をしたほうが良いといっても過言ではありません。

嬉し泣きは喜ばれる

基本的に、男性の好きな涙は「嬉し泣き」です。たとえば、あまり会えなかったカップルが久しぶりに会えたときに、彼女が感極まって「会いたかった」と言いながら泣く状態。男性であれば、誰しもが嬉しいのではないでしょうか。

もちろん、ワンワンと泣くのではなく、しっとりと泣くほうが効果的です。ほかにも、デートで嬉しくて緊張して泣いている彼女を見ると、男性であれば「この子守りたいな」と思うはずです。

さらに、彼が仕事で成功したとき、プロポーズをしてくれたときなど、嬉しいときの涙はとっても印象が良いのです。男性にきゅんと思ってもらえる涙は、嬉しい涙が喜ばれることを知っておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者