男性もマリッジブルーになる?彼氏のマリッジブルーをやわらげる方法

マリッジブルー

よく女性は昔から結婚前にはマリッジブルーに陥りやすいと言われてきました。マリッジブルーとは結婚を機として、起こりうる変化や不安から精神的にナーバスになる現象です。

最悪不安感から結婚に踏み出せず結婚を取りやめてしまう人もいます。さてこのマリッジブルー、女性ばかりが悩む問題なのでしょうか?

彼氏の変化を放っておくと恐ろしいことに…

マリッジブルーは女性ばかりの問題だと思われがちですが、実は男性も陥ります。さて彼氏はあなたと結婚をすると結婚前と比べ、どのような変化が起こるでしょうか?

まず思いつくことは一家の大黒柱化。頑張って家族のために汗水垂らしながら働かなければならなくなります。そして法律上の家長である世帯主にもなります。この他にも背負うものがあります。

したがって結婚するということは『数多くの責任を背負うこと』なのです。小さな責任ならまだしも、家族の命や人生を預かるといった大きな責任も生じます。大体の人が責任の多さ大きさから何らかの不調に見舞われることも珍しくありません。

不調は時として結婚というあれほど固かった決意をも揺るがし結婚の延期を招く場合もあり、それをキッカケとしてお互いに不信感が芽生え最悪破局を迎えるなんて場合も。

ですからあなたが結婚を見据えているのであれば彼氏のマリッジブルーを静観・見過ごしてはならないのです。

彼氏のマリッジブルーを和らげよう

もしあなたが本気で結婚を見据えているのであれば彼氏のマリッジブルーのケアをし、彼氏が結婚に踏み出しやすい環境作りを心がけましょう。

たとえばしっかり私も働いて二人で楽しく暮らせるように頑張る、や、二人で居心地が良い暮らしができるように自分なりに家事も努力する、などと伝えます。

とにかく『大黒柱が二人いるのだからそのように気負わなくても良い』とのメッセージが伝わるように気を配りましょう。

結婚したら専業主婦になりたい、結婚前と変わらず自分の趣味に打ち込みたいという希望がある人もいるかもしれません。ですがこれでは彼氏にとって経済的&精神的にダブルパンチ。負担も大きいことが分かります。

結婚は自分本意な行動ばかりでは成立しません。お互いに対しての思いやる心が大切なのです。自分のことばかり考えるのではなく相手の立場に立ったらどうであるかも頭に入れます。

あなたと同様に彼氏も結婚・結婚後に関して不安を感じているのです。ですからお互いに不安と労りを分け合い結婚に進みましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者