マンネリカップルだからこそ同棲は避けたい3つの理由

同棲 マンネリ

長く付き合ってるのに、彼がプロポーズしてくれず、悩んでいる人もいる多いのではないでしょうか。最近は晩婚と言われていますし、焦って結婚する人も少なくなってきていますよね。

さらに、マンネリしている関係であればなおさら。しかし、マンネリしているからこそ、同棲すればそれが解決できると思っている人はいませんか?それは、あまりオススメできません。では、その理由は一体何なのでしょうか。

彼女から母親になる可能性大!

同棲をすると、母性がはたらいて彼のことを何から何までしてしまう女性がいますよね。とても優しいと思うのですが、彼からしてみると、結局彼女ではなく、母親のようなイメージになってしまいます。

あくまで、同棲は母親や家政婦になることではありません。特に、マンネリ化している人が、注意しなければいけないポイントかもしれません。もし、同棲をするのであれば、あくまで対等な関係でいることが大事なのです。

お金の使いかたの問題

同棲をしてしまうと、結局は相手のすべてを知ることになりますし、あなたのすべてを知られることにもなります。そこで問題になってくるのがお金の使いかた。今までは上手くやっていても、同棲をしてしまうと問題になってきます。

マンネリ化している人は特に、相手の嫌なところが見えてきたり、今までは許せてきた部分に腹を立てることになるでしょう。

もし同棲を希望するのであれば、あくまで「結婚」ではなく「同棲」ということを念頭に置いておきましょう。二人の役割や、支払う場面などを決めておくと良いかもしれません。

時間の使いかたの問題

同棲をすると、常に一緒にいて同じ部屋で暮らすことになります。そのため、時間の使いかたが相手と違う場合は、ちょっとしたことでマンネリ化が進むこともあります。

彼が友人と飲んで遅くなる場合や、趣味に使う時間の違いなどもありますよね。結婚の予行演習だと思って同棲する場合は良いかもしれません。しかし、それが原因で別れてしまう場合もあることも知っておきましょう。

最後に

同棲は、男性にとっては良いことだらけ。だいたい女性が料理を作ってくれますし、掃除や洗濯だって女性が負担する場合も多くみられます。

そのため、男性が楽してダラダラ続ける同棲ではなく、将来を見据えたうえで期間を決めて行うのが良いかもしれませんね。そうすることで、メリハリもつきますし、マンネリ化しているカップルの場合もマンネリ化が改善されるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者