即離婚は確実!?男性からの急なプロポーズには用心しよう

急なプロポーズ

プロポーズは女性の夢であり、好きな男性から受けたいものです。さてあなたには結婚をお考えの男性がいらっしゃるでしょうか?

そんな男性が不自然だと思うくらい急に結婚に持ち込もうとするなどの普段と変わった行動をとったのであれば要注意。ここで冷静にならないととんでもない結婚生活になってしまうかもしれません。

結婚を急ぐ男性は○○を持っている

結婚を求められると幸せですよね。ですが一度冷静になって考えた方が良いでしょう。

幸福に水を差されるような表現に関して不愉快になった人もいるかもしれません。でも幸せの絶頂といった気分の高揚時は最も判断力が鈍るときでもあります。だからこそ冷静にならなければいけません。

さて不自然に急いで結婚に持ち込もうとする男性は『負の荷物』がもれなくついて来る場合が多いです。

まずは『経済的な負の荷物』です。

隠している借金がある・経済的に一人では生活を成立させることが難しいといったものです。結婚して生活費は妻の負担で自分の稼ぎは返済に回す、二馬力でちょっとリッチに暮らしたいなどさまざま企みがある場合も。

つまりあなたの経済力をアテとしているのです。結婚後の生活費をすべて男性が稼がなければならないとは言いませんが、ある程度の経済力は必要でもあります。

出産・子育てを希望する女性にとって特に男性の経済力は大切です。二馬力で頑張ろうとしても女性は妊娠出産後しばらくは働けませんから、その2つを諦めなければならなくなることもあるのです。

次に『精神的な負の荷物』です。人間性が良いとは言えず何らかの問題を持ち今まで結婚できなかったから早く結婚を決めさせようとしている場合も。

こうした人間は結婚後に被っていた猫を脱ぎ捨てて自分勝手に振る舞うなんてことが珍しくはありません。

結婚前には腹を割るべし

先述の負の荷物がありそれが気がつかれないうちに勢いで結婚を決めてしまおうとする男性もいる反面、本当にあなたと一緒になりたくて必死に結婚まで持ち込もうとしている男性もいます。

前者のような男性と後者のような男性を見分けるには一体どうしたら良いのでしょうか?

男性の見分けに効果的なのは『婚前契約書』です。何だか堅苦しいモノのように感じるかもしれませんが、婚前契約書とは結婚する前に結婚後のさまざまな取り決めを行っておくモノです。

主にヨーロッパやアメリカで用いられています。日本ではまだまだ作成をするカップルがあまり多くない状態です。

この婚前契約書はたとえば結婚後の生活費の捻出割合、家事分担の割合といった類から離婚後に財産や親権などをどうするかといった類まで定められます。

ですから結婚した後に自分の分まで働いてほしいとか両親を介護してほしいなど面倒な後出しをされずにすむのです。

婚前契約書の作成は一見損得で結婚を決めているように見えますが、お互いが隠し事をせずクリーンな結婚生活を送れるスグレモノでもあります。いささか相手の醜さが垣間見れるので婚前契約書の取り決めをせず、なあなあに結婚している人もいます。

ですが結婚後の負の荷物の後出しの対処は思ったよりも大変なんですよね。結婚してからこんなはずじゃなかったのに!なんて嘆いている人はそうそう珍しくないでしょう。

結婚には苦労は付き物ですが、余計な苦労は不要であることは確かです。なので当初から余計なトラブルに見舞われないよう婚前契約書を交わし、危機管理を怠らないように気をつけてください。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者