気になる人と仲良くなる簡単な方法

気になる人と仲良く

気になる人を見つけたら仲良くなってゆくゆくは恋人になりたいですよね。

とは言うものの、どうやって気になる人と仲良くなれば良いか分からない人は多いのではないでしょうか。近頃はコミュ障という言葉もありますので悩んでいる人は少なくないはずです。

そこで今回は気になる人と仲良くなるキッカケ作りの方法を紹介しましょう。

やっぱりコレが一番…

会話のキッカケにもなり、かつ盛り上がれる方法とはズバリ『悪口・ネガティブトーク』です。女性ならば経験があるはずです。

○○課の××さんって△△なんだって~、○○部の××さんは自己中ですよね~…などその場にいない人の話は中々盛り上がります。ですが行き過ぎる悪口はトラブルの元になりますのでご注意。

加えて口さがないのも人間性に難ありと思われたりもしますから本当にほどほどに……。

誰か実在する人ならばイメージを掴みやすいですがそれはトラブルの元。そこで『嫌いなもの』について話すのがベターでもあります。その中でも特に食べ物が最適です。

たとえば、「自分は納豆が嫌いなんですけど、○○さんは大丈夫ですか?」これでOKです。これならば人ではないし誰かを傷つけもしないでしょう。

人は嫌いなものについて話しているときには共感を覚えます。共感から親しみを感じて次第に仲良くなっていくのです。嫌いなものトークならば会話のキッカケも生まれ、さらに気になる人の嗜好も知れてしまうのでオススメです。

会話は柔らかく

そして最後にもう一つポイントです。こうした会話をするときには柔らかい言葉・強い拒絶がない言葉を使いましょう。たとえばさっき使った言葉の『嫌い』を柔らかにするならば『苦手』ですね。

「甘い食べ物が嫌いなんだ」と「甘い食べ物が苦手なんだ」と聞いたらどちらが柔らかい印象ですか?

嫌いと聞くと強い拒絶感がありますが、苦手という言葉ならマイルドな印象です。誰しも自分の好むものを強く拒絶されたら少なからずムッとしますから言葉をうまく使い分けましょう。

この方法は簡単で性別問わず使えます。そろそろ忘年会で普段親しくない人とお酒を飲む機会が増えますからこの方法で恋愛も人脈もゲットしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者