いつかは訪れる!?誰もが悩む倦怠期を乗り越えるコツ

倦怠期

倦怠期が起こってしまうのは仕方がありません。

人間は経験から学習しさまざまなことに慣れていく生き物です。子供の頃は何事にもドキドキワクワクしたけれども大人になったら心躍る機会は減った…なんてのが良い例です。ですから倦怠期は必ずカップルに訪れます。

倦怠期はどう解決する?

さて倦怠期の解決方法です。単純に『喪失感』をイメージすればいいのです。彼氏と別れたら、彼氏と会えなくなったらを想像してみましょう。

人は今まで感じていたぬくもりや愛情がなくなると心に穴が開いた風に感じます。失恋したことがある人はもうお分かりでしょうがあの息苦しい喪失感です。

人は失ってから大切さに気がつくという言葉があるように想像で彼氏を失ったらどうですか?

自然に『あの時ああすれば良かった』など後悔するはず。そして喪失感をイメージすると自然に彼氏の良いところや楽しかった思い出が湧き出てきたと思います。

思い出や気持ちが湧き出たということは、あなたの本心は彼氏を失いたくはないのです。この気持ちを大切にしましょう。倦怠期でうだうだしている暇があったら彼氏のありがたみや思い出を再確認してくださいね。

ポジティブに捉える!倦怠期は○○期

街行く中年世代の夫婦を眺めていると倦怠期に悩まされているだなんて見受けられませんよね。むしろ倦怠期という言葉よりも安定期という言葉がお似合いです。

倦怠期の言葉の意味を調べてみると実にネガティブ極まりないです。でも見方を変えると安定期とも言えるのではないのでしょうか。

ネガティブな言い方をすると、何もなく(別れないけれど)つまらない。
ポジティブな言い方をすると、何もなく(別れない程度に)安定している。

倦怠期は安定期と前向きに捉えながら相手との仲が深まるように歩んでいきましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者