好きだけど、好きだけでは結婚できない男性の特徴5つ

婚活

いくら彼のことが大好きでも、大好きだけでは結婚へ踏み切れない理由がありますよね。

将来のこと、お金のこと、女性関係など、結婚までにきちんと調べて知っておく必要があるでしょう。そのためには、結婚前に彼と話し合いも必要です。

それでは、どんな男性が結婚へ躊躇の原因になるのでしょうか。

離婚歴のある人

彼に離婚歴がある場合は、付き合っている間に離婚の理由などをきちんと聞いておかなければなりません。もちろん、彼側からしか聞くことができないかもしれませんが、なるべく信憑性のある内容を信じましょう。

元奥さんにDVをしているにも関わらず隠していたり、お金の問題があったりなどすると大変です。付き合っているうちは上手く隠せても、結婚して蓋を開けてみると性格がまったく違う人という場合もあるのです。

浮気性の人

浮気はハッキリ言って直りません。というよりも、直せませんと言ったほうが良いでしょうか。浮気をする人は、自分の理性が止められないうえ、自分のする行為で彼女がどれだけ悲しむか分からない人なのです。

男の浮気は当たり前と思っている人もいるかもしれませんが、当たり前ではないのです。浮気をしない男性は世の中にはいます。そのため、わざわざ浮気性と知っておいて結婚することはないのです。将来、悲しむことがわかっているんですから。

借金がある人

お金問題は結婚にとって、かなり大切な問題です。たとえ、自分でした借金でなく保証人や家族関係が原因で借金を背負っていたとしても、それは必ず男性から女性に伝えておくべきことですし、知っておく必要があります。

借金をしている人の場合、金額が問題などではなく、「借金ぐせ」があることのほうが問題です。もし返済したとしても、また繰り返す場合もあるので気をつけましょう。

夢を追いかける人

現在の仕事に就いている人であっても、まだ未だに夢を追いかけている男性いますよね。夢を追いかけることは良いことなのですが、良い歳していい加減にしてと思う女性も少なくないと思います。

男性の夢を一緒に追いかけることも大事かもしれませんが、現実を考えることも大事ですよね。

家柄が違いすぎる人

もう最近ではあまり聞きませんが、未だにある家柄問題。特に、相手が良家だったり、女性の家が良家の場合は特にそうですよね。

結婚して家族になるのですから、家族と家族がつながるわけです。そのため、あまりにも違いすぎると結婚の弊害になりかねません。ただ、何度も話し合ったりすることで改善もされるので、心がける必要があるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者