結婚は焦ってはダメ!彼がドン引きする彼女の言動5つ

028

あなたは結婚がしたいですか?今すぐしたいですか?

女性は、男性よりも比較的結婚願望が強め。なぜなら、子どもを産むリミットもありますし、歳をとってしまうといろいろと不利になってしまうと思いがち。

ただ、男性にも心の準備がありますし、無理に焦ってしまうと男性もドン引きしてしまいます!さて、あなたはこんな言動していませんか?

親にすぐ紹介しようとする

自分で言っても無理なら、周りから攻めるパターンです。親に紹介してしまえば、親が何とかしてくれると思っている人も多いのではないでしょうか。

その結果、何かあれば親を紹介しようとしたり、親の話しをよくする人は少し注意したほうが良さそうです。いくら、家族の仲が良くても「親に紹介」となると、彼も心の準備が必要です。そのため、深い意味はなくとも彼の様子を伺ってからにしましょう。

親の話しを出したとき、彼の反応を見て決めても良いでしょう。

結婚したいと常に言う

これは、本当にストレートな人です。早く結婚したいが口癖の女性もいるでしょう。とても素直なのですが、彼には逆効果の場合があります。

男性は、仕事や家族などの関係から、結婚に踏み切るのを戸惑っている人が多くいます。そこで、あなたが後押ししようとするのも良いかもしれませんが、それが彼の負担になる可能性もあります。普段の生活では、「結婚」というフレーズはなるべく使わないようにしましょう。

同棲や合鍵を欲しがる

彼にとって、同棲や合鍵を渡す行為は、やはり一歩踏み込んだ仲の人のみです。そのため、いくら彼氏彼女の仲でも、同棲や合鍵は大きな第一歩。彼も時期を考えてくれているかもしれません。

そのため、あなたから言うのではなく、彼の気持ちを尊重してあげたほうが良いでしょう。もし、数ヶ月、何年経っても彼の気持ちに変化がなければ、あなたから言ってみても良いかもしれませんね。

プライベートを突っ込んで聞く

結婚するということは、相手のことをすべて理解し、知ることも大事です。しかし、まだ付き合っている段階でプライベートな質問をするのは、彼も引いてしまいがちでしょう。

たとえば、彼の兄妹のことや、年収、資産、学歴、親の職業など、本当にさまざまですが、彼も嫌な気持ちになる可能性がある質問もあるでしょう。彼に余計なプレッシャーを与えたくなければ、プライベートすぎる質問はやめておきましょう。

子ども好きアピール

近所の子どもや友達の子どもなど、彼と一緒にいるときに子どもに触れる機会はたくさんあるかもしれません。それがきっかけで、「私は子どもが好き」というアピールも大事かもしれません。しかし、反対に彼にはプレッシャーになっている可能性もあるのです。

そのため、無理に子どもが好きなアピールをするのではなく、自然に子どもと接することが大事なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者