心理学でダメダメ彼氏を操縦するマル秘テクニック

操縦テクニック

休日なのにどこにも連れていってくれない、自分は誕生日プレゼントを贈っているのにお金がないと言い訳されて貰えない、同棲しているのに家事分担をしてくれない…なんて不満はありませんか?

そんなとってもあなたを困らせる彼氏は心理学のテクニックで転がしてうまく操作してあげましょう。

今日からでもできるテクニック

今回は数ある心理学のテクニックの中の一つ、『ハイボール&ローボールテクニック』を紹介します。やり方ははじめに相手が無理だと思う提案をします。

次に相手が可能であると思う提案をします。
(※この2つ目の提案こそがあなたの目的です)

たとえばあなたは5万円のカバンが欲しいとします。はじめの提案にて10万円のカバンが欲しいと揺さぶりの提案をします。彼氏が提案の承諾を渋ったら次に本命の5万円のカバンの提案をします。

10万円のカバンがハイボール(無理なお願い・引っかけ)、5万円のカバンがローボール(本命・本来の目的・落とし所)です。これならば単純に価格を比較して、ローボールの方を承諾しようと思いますよね。

このテクニックを利用して欲しいカバンを手に入れたり、やってほしい家事をやらせてみてはいかがでしょうか?

より効果的にするワンポイント

さてハイボール&ローボールテクニックを紹介しましたが成功しやすくなるワンポイントがあります。

何度も連発しない

テクニックの成功に味をしめて何回もするのは止めましょう。テクニックで相手をうまく陥落させようとしているのを気づかれてしまうからです。魂胆がバレてしまうと引っ掛かりにくくなりますよ。

相手が分かりやすい・リアリティーのあるハイボール&ローボールにする

相手が比較しやすく受け入れやすい設定にするように工夫しましょう。比較が漠然であったり地に足が付いていないと叶えられないと思う心理が勝り失敗しやすいです。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者