パリジェンヌ流!女性ホルモンがアップする6つの方法

kataomoi

実際に、パリジェンヌがこぞってしている女性ホルモンがアップする方法をお伝えします。

日本人女性と、フランス人女性は、比較的に目指しているものが違います。日本人女性は可愛らしさを求めている人が多いですが、フランス人女性はかっこ良さを重視しています。

そんな人たちが自然に行っている方法とは一体何でしょうか。

あの場所の脱毛

日本でも、脱毛をしている人は多くいると思いますが、主に、手や足などが多いと思います。

ただ、パリジェンヌは手や足などの毛は全く気にしていない人が大半です。なぜなら、彼女たちの毛は金髪で、脱毛する必要がないからなのです。

しかし、反対にVIOの脱毛は欠かせません。基本的にブラジリアンワックスを定期的に行っており、あの場所の毛は全くない人が多いのです。そのほうが清潔で、男性との関係が良好になるという考えもあります。

裸で寝る

フランス人でも、意見が分かれる可能性がありますが、裸で寝ている人はとても多いです。睡眠を充実したものにするためには、やはり質をよくしなければなりません。

そのため、何にも締め付けられることなく、裸で寝ることによって、ホルモンバランスが保てるというわけなのです。

リフレッシュする

フランス人は、よくバカンスを取ります。その際に、思い切りリフレッシュしてくるのです。そうすることによって、ストレスからも解放されますし、のんびりすることで美容にも良いといわれているのです。

ランジェリーの違い

パリジェンヌに多いランジェリーの種類は、まさに「タンガ」です。日本でも最近好む人は多いと思うのですが、パリでは主流なのです。

形はTバックに近いのですが、種類も多く、素材も自由に選ぶことができるので、自然と女性ホルモンの分泌を促しているといっても良いでしょう。

さらに、パリのランジェリーショップは、かわいいものがほとんどなく、セクシーさを求めているものが多いといえるでしょう。

よく歩く

パリジェンヌは颯爽とよく歩いています。実際、公共交通機関を使わずに歩いて出勤する人も多いくらいです。やはり、美容と健康にも気を使っている人が多く、毎日の積み重ねで美が養われているといっても過言ではありません。

メイクの違い

パリジェンヌは、あまりメイクに力を入れません。メイクをするというよりも、スキンケアに力を入れています。たとえば、オーガニックのものを使ったり、質の良いクリームを使ったりと、外を気にするというよりも、内側からキレイになるように心がけているのです。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者