二股でフラれたら実はとってもラッキー!?その理由とは

二股

恋愛における二股とは同時進行で二人の異性とお付き合いすること。二股という文字を見た・イメージしただけでもかなり腹立たしくなりますよね。

「自分は二股なんて遭わないから大丈夫!」……と思っていても二股は急に発覚するもの。もしくは二股に遭ったという人もいるかもしれません。

そこで今回は二股に遭ってしまった人の心を癒すキズ薬になるかもしれないコラムをお送りします。

二股はツラいけれども将来のことを考えると…?

二股をかけられていたと気がついたらしばらくはショックでしょう。しかし、考え方や受け取り方を少し変えてみませんか?実のところ、もしかしたらフラれてラッキーだったのかもしれませんよ。

フラれてラッキーだなんて思えと言われても暴言としか思えず、腹立たしさしか覚えないでしょう。なぜこのように言うのかですが次の理由があります。

結婚後も浮気をする可能性が非常に高い

二股をかける男性は交遊関係にルーズである場合が多いです。なので結婚後も妻の目を盗みながら浮気など火遊びに勤しむ可能性が非常に大きいです。

女性のライフイベントには『妊娠・出産』があります。このような人間は妊娠出産などセックスができない期間にじっとしていられるでしょうか?

無理ですよね、理性がともなっておらず二股をかける人間が大人しくしていられるハズがありません。

「もしかしたらいつか誠実な人間に変わってくれる!」と、思い直して情けをかけたとしてもそうそう変わってくれるものでもないのです。

ましてや子供が出来たら世間体・金銭面から中々交友関係にルーズな夫と別れにくくもなりますし、婚姻関係を結びながらモヤモヤとずっと苦しむことになるでしょう。

従って二股をかける男性と一緒になるということは安定から遠のき、大変リスクが高い人生を歩まざるを得なくなるのです。

対してフラれた時点では結婚もしておらず子供もいませんのでカンタンに次の行動が取れます。どうでしょうか、ラッキーだったと思えませんか?

ですから将来降りかかってくるかもしれないトラブルを回避できたとポジティブに捉えてみてはいかがでしょうか?

二股は訴えられる?それとも訴えられない?

また弁護士を使って『訴訟』という手に出ようと考えている人もいるかもしれません。結婚の約束をしていた・金銭的に援助していたなどであればまた別ですが、二股での訴訟は難しいです。

仮に訴えて勝ったとしても弁護士費用は数十万に上りますので慰謝料との相殺は厳しい状態になってしまいますね。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者