どうしてダメになるの?同棲が上手くいかなくなる3つの理由

同棲が駄目になる理由

当初は結婚するために同棲を始めたはずが、気づけば二人の仲は険悪に、そして別れてしまうカップルって多いものです。では、どうして同棲が上手くいかなくなるのでしょうか。その理由を探ってみました。

自分のプライベートタイムがなくなってしまう

毎日、同じ空間で生活をしていると、どうしても、お互いのプライベートタイムというのがなくなってしまいます。同棲する前は、お互いの家に遊びに行くことはあっても、長期間に渡り一緒に過ごすということはなかったでしょう。そのため、自分一人の時間を保つことができていました。

ところが、同棲を始めることによって、いつも同棲相手がいることになるのです。仕事で疲れていたり、人間関係で問題があって、一人になりたい時でも相手がいるので一人になることができない。そういうことが積み重なると大きなストレスになり、別れにもなってしまいます。

相手を異性として意識しなくなってしまう

同棲生活を続けていると、だんだんと相手のことを異性として見なくなってしまいます。そのため、昔は彼氏の前では必ず化粧をしていた彼女も、すっぴんメガネにジャージ姿という醜態をさらすことも多くなります。男性側もパンツ一枚で部屋を歩いたりと、相手との恥じらいをなくしてしまっていくのです。

入籍のタイミングをなくしてしまう

相手がいることが当たり前になってくると、わざわざ入籍をしなくても、このままの生活をつづけたところで何らの支障をきたさないように感じてきてしまうのです。そのため、気がつけば5年も同棲していたというケースもあるんですよ。

いかがでしたか?同棲当初というのは、新鮮な気持ちで楽しむことができますが、長期間にわたってきてしまうと、だらだらとしがちになってしまいます。いつまでも、新鮮な気持ちを忘れず、同棲生活を成就させたいものですね。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者