パリジェンヌ流!シーン別好みじゃない男性からの断り方

デートの断り方

あなたの気になる男性からのお誘いであれば、とっても嬉しいはずなのに、特に気にならない、むしろ好みではない男性からデートに誘われたときはどうしていますか?

日本人の女性は優しいので、はっきりと断ることができないかもしれません。しかし、外国の女性は違います。はっきりと言うときもあれば、オブラートに包むことだってあるのです。ケースバイケースでの断りかたをお伝えします。

顔見知りの関係の場合

まず、顔見知りの関係で、断りづらい場合はオブラートに包みましょう。仕事やプライベートでの交流も今後気まずくなりますよね。今後のことも気にしつつ、断ることがベストなのです。

仕事が忙しいと伝える

仕事を理由にするのは、相手に気を使ってもらう必要もありませんし、実際に仕事が忙しければ成り立つ、最高の嘘をいっても良いでしょう。

あなたの仕事内容を詳しく知らない人であれば、あなたの仕事状況を分かるはずもありませんよね。パリジェンヌもこうやって知り合いのデートは断っているのです。

こちらから連絡すると伝える

何度も誘われることもある人もいますよね。そのような場合は、こちらもさりげなく断りましょう。「時間ができたら、こちらから連絡しますね」ということで、相手のことを気遣いつつ、お断りができるので安心して断ることができます。

偶然ナンパなどをされた場合

顔見知りではない場合の断りかたは、顔見知りの場合とは全く違います。パリジェンヌがいるような街パリは、ナンパもたくさんあります。そこで気のある素振りをしてしまっては、相手もつけあがるばかり。はっきりと意思表示をしましょう。

完全に無視をする

パリジェンヌが最も得意とする分野です。もしナンパなどをされたら、完全に無視をしましょう。そして、ここで肝心なのは、目を合わせないということです。

街中で女性を狙っていたり話しかけたがっている男性がいますよね。その際も、一切目を合わせてはいけません。合わせてしまうと、向こうも話しかけるチャンスと思ってしまうので、完全に無視をするのです。

電話がかかってきたフリをする

実際、電話がかかっていなくても良いのです。かかったフリをするだけで、相手も話すタイミングを見失ってしまうので、それを狙った拒否の仕方です。ナンパもしつこい人がいますが、話し始めてしまったら最後ですよね。そんなときに使えるテクニックです。電話をするフリをしながら撒きましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者