バツが付いている彼との付き合いで心得ておきたい4つのこと

バツアリ 彼氏

最近、芸能人でも多いですし、身近なところでも多いのが「離婚」という文字。

男性も女性もバツが付いている人が多い世の中になってきています。あなたは、バツが付いている男性とお付き合いはしたことはありますか?

実際、バツが付いている人を避ける人もいるかもしれませんが、反対に、落ち着いていて失敗がある分、魅力も感じるという女性も多くいます。

そこで、バツ付きの男性との付き合いについての心得を一度考えてみましょう。

再婚に前向きではない人もいる

やはり、バツが付いている男性の中で、結構多いのが「再婚の意思がゼロ」という事実。

結婚は簡単にできても、離婚はその10倍大変だったという人もいるくらいですよね。そこで、バツ付きの彼氏に再婚の意思があるのか、結婚が怖いと思っているのかなどを聞くことも大事でしょう。

ただ、聞く際も人によっては思い出したくないこともあるかもしれませんので、上手に聞き出すことがポイントです。

子どもの有無を知る

バツ付き男性の中には、やはり子どもがいる人もいます。養育費などを毎月払っている人もいるでしょうし、定期的に子どもに会っている人もいるでしょう。

そこで心得ておくべきことは、養育費も、定期的に子どもに会っているのも、「彼の誠意」ということ。

もし、彼と生活していくことになっても、養育費を「取られる」という感覚や、子どもと会うことで、「2人の時間がなくなる」という考えであれば、彼もあなたとの付き合いに負担を感じてしまいます。

プレッシャーに感じる人もいます。そのため、彼は元妻や子どもに誠意を示しているという認識を持つことも大事なのです。

元妻とは競わない

よくありがちなのが元妻と競い合うこと。そうしてしまうと、彼にとってのあなたは印象が悪くなってしまいます。恋愛をするときは、過去の恋愛も受け入れることが大事になってきますし、鉄則です。

もし、彼が元妻のことを口にしたり、子どもがいる人はそれを口にしても、あまり気にしないようにしましょう。ひどすぎるとデリカシーもないですが、そうでなければ過去は過去と割り切る必要があります。

元妻と別れた理由を知る

これは、通常の恋愛においても必要なことですが、元妻との別れた理由を知っておくと良いでしょう。

一世一代の決意の結婚から離婚に至っているのですから、相当な理由がそこにはあるはずです。そのため、今後彼と付き合っていくうえでの理由はとても大事です。

元妻に原因があるのか、彼に原因があるのかを見極めましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る FX専門業者